自(己満足)宅サーバー

このページの最終更新日
2009”N08ŒŽ15“ú
| HOME | 新着情報 | リンク集 | 管理人へメール |
サイト内検索

Fedora8 その他の設定

必須ではないと思いますが当サーバでやっている設定です。

Perlへのパスを追加する

Perlスクリプト(CGI)をいろいろなサイトからダウンロードして使う場合、ファイル先頭のPerlへのパスが
#!/usr/local/bin/perl#!/usr/bin/perl の場合があります。(Fedoraは後者)
その場合CGIスクリプトを修正するのは面倒なので、リンクを張っておきます。

[root@jintaro ~]# cd /usr/local/bin
[root@jintaro bin]# ln -s /usr/bin/perl
ディレクトリ移動
リンク作成

システムの文字コードの変更

システムの文字コードを「utf-8」から「EUC-JP」に変更。
当方ではEUC-JPで運用してます。(ホームページのコンテンツ等はSHIFT-JISで運用してます)
これを実施した場合はPoderosaの「エンコーディング」もあわせます。

[root@jintaro ~]# vi /etc/sysconfig/i18n
#LANG="ja_JP.UTF-8"
LANG="ja_JP.eucJP"

[root@jintaro ~]# exit
[testuser@jintaro bin]$ su -
パスワード:
[root@jintaro ~]# echo $LANG
ja_JP.eucJP
設定ファイルを開く
#でコメントアウト
すぐ下に追加

一度ログアウト
もう一度ログイン

システム文字コード表示
←変更されている

新規ユーザー作成時のユーザーディレクトリのパーミッションを755にする

Fedora 8ではデフォルトで
# useradd hoge
でユーザーを追加すると
/home/hoge ディレクトリはパーミッションが700となり /home/hoge/public_html にapacheがアクセス出来なくなる。
そのため /etc/login.defs を修正しています。

[root@jintaro ~]# vi /etc/login.defs

UMASK           077
↓変更
UMASK           022
設定ファイルを開く

新規ユーザーを追加したときに必要なディレクトリが自動で作成されるようにする

新規に作成したユーザーに必要なディレクトリが自動的に作成されるようにします。
/etc/skel/ にディレクトリを作成しておくと新規ユーザー作成時に自動的に /home/ユーザー名/ 以下に同じディレクトリが作成されます。

[root@jintaro ~]# mkdir -p /etc/skel/Maildir/new
[root@jintaro ~]# mkdir -p /etc/skel/Maildir/cur
[root@jintaro ~]# mkdir -p /etc/skel/Maildir/tmp
[root@jintaro ~]# chmod -R 700 /etc/skel/Maildir
[root@jintaro ~]# mkdir -p /etc/skel/public_html
新規ユーザーのメール用ディレクトリ作成
新規ユーザーのメール用ディレクトリ作成
新規ユーザーのメール用ディレクトリ作成
新規ユーザーのメール用ディレクトリのパーミッション変更
新規ユーザーのホームページ用のディレクトリ作成
このページの上へ
HOMEへ
Copyright (C) 2007 じんたろう
全ページリンクフリーです