自(己満足)宅サーバー

このページの最終更新日
2009”N08ŒŽ15“ú
| HOME | 新着情報 | リンク集 | 管理人へメール |
サイト内検索

はじめに

当サイトを立ち上げるにあたって能書きを書いてみました。

自宅サーバーを始めたきっかけ

2002年ごろに「鷹ノ巣」さんのサイトを見てWindows2000で見よう見まねでやってみたのが始まりです。
当時は主に自宅=会社間のFTPサーバーとメールアドレスぐらいしか使ってませんでした。 (もちろん自分用です)

自宅サーバーの「利点」、「不利点」

じんたろうが思った自宅サーバーの良いところ、悪いところをまとめてみました。

良い所

  • とにかくPC、特にネットワーク系に詳しくなれる。
  • ホームページ容量を制限無く使える。(ハードディスクの容量しだい)
  • CGIが制限無く使える。(通常のプロバイダだと使える機能に制限がある。)
  • SSIPHPが使える。(通常のプロバイダだとまず使えない。)
  • タダで hoge.hoge.com などのサブドメインでアクセスしてもらえる。
  • 安いところを探せば年間1000円程で hoge.com 等の独自ドメインでアクセスしてもらえる。
  • 好きなメールアドレスが好きなだけ発行できる。

悪いところ

  • 電気代がかかる。(特にメールサーバーを運用し始めると24時間電源か切れない。)
  • CPUファン等がうるさいマシンだと夜中にうるさい。(ある程度マシン選びでカバーできる?)

ざっとこんな感じでしょうか?

Linuxの利点

いままでLinuxに何度か挑戦しましたがやるたびに途中で挫折してました。
2006年になってLinuxに再挑戦したところ、インストールや運用がかなり簡単になっていた。
(というか解説サイトや書籍などがかなり充実してきた)
ので、Windows XPから乗り換えました。
ですのでじんたろうもWindowsはそこそこ扱えるけどLinuxはほぼ初心者と思ってもらっていいです。

サーバー機としてのLinuxとWindowsを比べて見ました。

  • なんたってOSを含めてソフトウェアがタダ。
  • GUIを使わなければかなり時代遅れのマシンでも快適に動作する。
    (GUIを使うとデストリビューションにもよりますがいまどきのLinuxはWindowsなみにマシンパワーを要求するみたいです。)
  • Windowsの場合Windows Updateでアップデートするとだいたい再起動が必要になるが
    Linuxなら運用を始めて軌道に乗ったらまず再起動する必要が無い。

Windowsがそこそこ使えて余ってるマシンで自宅サーバーを立ち上げようと思うなら迷わずLinuxがお勧めです。

当サーバー構築の方針

当サーバーを立ち上げるにあたっての簡単な方針をまとめてみました。

  1. じんたろうがLinux初心者のため初心者にもわかりやすい設定方法とする。(当然?)
  2. ポンコツでも一応専用マシンを用意する。
  3. なるべくマシンパワーを使わないように(ポンコツマシンを使うので?)サーバー用途以外のソフトウエア等はインストール及び常駐させない。
  4. 3.の為、グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)は使用しない。コマンドにて操作する。
  5. 設定はLAN内またはWAN側からWindows機にて遠隔操作する。(モニタ、キーボード、マウスは外して運用可)
  6. WANへはルータ経由で接続する。
  7. 基本的に24時間運用する。

このような方針に沿って設定、運用してます。(けっこう脱線すると思いますが...)

このページの上へ
HOMEへ
Copyright (C) 2007 じんたろう
全ページリンクフリーです